持続可能な社会をめざすうれし野アグリの取り組み 持続可能な社会をめざすうれし野アグリの取り組み

うれし野アグリ経営理念 私たちは持続可能性を考え、地球にやさしいミライ農場への挑戦をします。 うれし野アグリ経営理念 私たちは持続可能性を考え、地球にやさしいミライ農場への挑戦をします。

持続可能な社会の実現には、農業を通じて何
ができるのかを考え、挑戦していきます。
「未来の地球に生きる人たちが幸せでありますように」、SDGs2030年ゴールに貢献していきます。
私たちの活動の一部を報告します。

01 熱利用 木質バイオマスボイラー 01 熱利用 木質バイオマスボイラー

木質チップ等を利用した「木質バイオマスボイラー」の蒸気を暖房に使用しています。

02 熱利用 工場排熱の利用 02 熱利用 工場排熱の利用

エネルギー効率を上げるため、隣接される工場から排出される90度の温水をロスせず再加温し、暖房に再利用。熱交換時のエネルギーを低減し、省エネへ。

03 電気 再生可能電力 03 電気 再生可能電力

再生可能な発電(水力、風力、太陽光など)で生み出された電力のみを使用しています。

04 フードロス トマトジュースの製造・販売 04 フードロス トマトジュースの製造・販売

過熟気味のトマトは廃棄せず、ジュースに加工し販売することで、フードロス削減と六次産業化を実現しました。

05 容器 紙容器 05 容器 紙容器

一部商品にて紙容器を利用開始し、プラスチック使用の削減に努めていきます。